CALIGULA カリギュラ

この作品の衝撃は、観た者に何をもたらすのか。
傑作戯曲、夢の初タッグで上演決定!

“不条理の哲学”で知られる20世紀のフランス文学界を代表する作家・アルベール・カミュ自身が、『異邦人』および『シーシュポスの神話』とともに“不条理三部作”と位置づけた傑作戯曲のひとつ『カリギュラ』。暴君として知られるローマ帝国第3代皇帝カリギュラを題材とし、1980年の映画版ではあまりの過激な内容のため「カリギュラ効果」という言葉まで生み出した。

今回、日本演劇界を代表する演出家・栗山民也と、数々の映画賞を受賞し、今年デビュー10周年を迎え、今最も注目を集める俳優・菅田将暉がタイトルロールとして、初のタッグを組む。カリギュラに目の前で実父を殺され、カリギュラを憎みながらも彼の苦悩や狂気を理解する若き詩人シピオンには、役者として目覚ましい成長を続ける高杉真宙。最後までカリギュラを支えぬくエリコンには、確かな演技力で近年は舞台だけではなくTV・映画でも活躍する谷田 歩。冷静な判断力を持ち、クーデターの中心人物としてカリギュラと対峙するケレアには、様々な演出家の作品に次々と出演し、今や演劇界で引く手あまたの橋本 淳。そして、カリギュラの残虐な行為を受け入れるほど彼を深く愛する女性セゾニアに、栗山作品への出演も多く数々の演劇賞受賞歴を持つ秋山菜津子

この刺激的で危険な美しさに満ちた作品を創り上げるにふさわしい実力派が集まった。
はたして、どのような世界を織り成すのか…。